Product Description

コメント

行為の最中に声を出したくない一二三と出させたい独歩の話。(前半部分はPixivにて公開しているものです)

商品紹介

――14連勤、会社泊、そして朝帰りのコンボ。
疲弊した身体を引きずって帰宅した独歩に投げかけられた
「彼女作んねぇの?」という一二三からの質問。

そんな暇があると思うか、というのが独歩の返答なのだが
じゃあ、そんな暇ができたら作りたい?と更に質問を投げかけてくる。

考えてみたのだが、あまり欲しいとは思わない。正直にそう告げると――
「じゃあさぁ 俺っちと付き合おうよ」
独歩の事好きなんだよね、という一二三からの一言が、二人の始まりだった。

そんな、一二三からの軽い一言で親友兼恋人になって一ヶ月。
いい大人なので、やることやって順調なお付き合い中…なのだが。

(声 ちっさ…)
セックス中、一二三の声がとにかく小さいのだ。
普段はあんなにでかい声で騒ぎ立てるのに、セックスになるとこれ。
気になった独歩は、彼に声を出させたいと思うのだが…?

本作も、読み応え抜群な展開でお届けする【ナツノヲワリ】の“Crazy Lyric Battle 2”新刊は、
セックス中に声を出したくない一二三と、出させたい独歩の物語。

幼い頃から一緒に過ごして、恥ずかしい事だっていっぱい知ってる。
そんな仲なのに、一二三が声を出さないのはセックスが下手だから?!
全部俺のせい…とネガティブになりながらも、一二三に声を出してもらいたくて独歩も必至に!

幼馴染たちの奮闘記ともいえるどひふ本『掌の下のファルセット』。
何故、一二三は声を出したがらないのか。その理由は是非お手元でご覧下さい!

Hot Products