ディズニー みんなが知らない眠れる森の美女 カラスの子ども マレフィセント (講談社KK文庫)

ディズニー みんなが知らない眠れる森の美女 カラスの子ども マレフィセント (講談社KK文庫)

樂天Books (楽天ブックス)
HKD80.20

Product Description

商品基本情報

  • 発売日: 2018年08月31日
  • 著者/編集: セレナ・ヴァレンティーノ, 岡田 好惠
  • レーベル: 講談社KK文庫
  • 出版社: 講談社
  • 発行形態: 新書
  • ページ数: 192p
  • ISBNコード: 9784065119150

商品説明

【内容情報】(出版社より)
『眠れる森の美女』のストーリーなら、多くの人が知っているでしょう。中でも悪役の魔女のマレフィセントは、お祝いの宴に呼ばれないというだけの理由で、生まれたばかりのオーロラ姫に「16歳の誕生日で死ぬ」という呪いをかけてしまいます。

しかし、なぜマレフィセントは、罪のないオーロラ姫に、死に至るまでの呪いをかけなければいけなかったのでしょうか。

妖精の国で生まれ、角ある故にカラスの木に捨てられて、カラスに育てられたマレフィセント、魔女の学校で三人の善き妖精といっしょに魔法を学んでいくべきだった彼女に起きた、切なすぎる悲劇とは!?
ディズニー公式作品でははじめて解き明かされる、悪い魔女マレフィセントの生い立ち。あなたも、思わずマレフィセントの気持ちに共感してしまう!? そして、オーロラ姫との、本当の関係とは?

原題『Mistress of All Evil直訳:すべての悪の支配者)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『眠れる森の美女』で、オーロラ姫に恐ろしい呪いをかけた魔女のマレフィセントは、実は“良き妖精”になりたかったー。妖精の国に生まれたマレフィセントは、カラスの棲みかの木のうろに捨てられ、カラスに育てられた。不憫に思った“伝説の魔女”は、幼いマレフィセントを養女に迎えたが、悲劇の影が、この親子に忍び寄っていた…。これは、ハッピーエンドが許されないヴィランの、波乱万丈の人生物語。小学中学年から。

Hot Products