Product Description

ジャンル
アート・エンタメ
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087900057
ISBN 10 : 4087900053
フォーマット
出版社
集英社
発行年月
2020年03月
発売国
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
西中賢治 ,
追加情報
:
362p;19

すべては「ひらがな」から始まったーー。

東京ドーム公演も決定し、今、最も勢いにのるアイドルグループ「日向坂46」。
そんな彼女たちのストーリーは、たったひとりの少女から始まった― 。

『週刊プレイボーイ』で連載された大型ノンフィクション連載「日向坂46ストーリー ~ひらがなからはじめよう~」がついに単行本化。 少女たちが「けやき坂46」から「日向坂46」へと名前を変える前日譚を描いた、感動の青春群像ストーリー。

シングルデビュー後の日向坂46のストーリーを描いた最終章も新たに書き下ろし。

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

おかむー さん

読了日:2020/03/29

ご存知のかたはご存知のとおり結構な乃木坂ヲタクである俺ですが、同じ坂道グループとはいえ日向坂は「乃木坂の情報を漁るついでに目に入ってくる」という範囲で、ひらがなけやき時代からの大枠は知っていても個々のエピソードまでは詳しくなかったのでとても新鮮な内容でした。乃木坂・欅坂というふたつのトップグループを後追いする立場の長くはない歴史のなかでの濃密な経験が、彼女たちの強さに裏打ちされた多幸感と笑顔を作っているのだということがよくわかる一冊。メンバー全員の名前と顔が一致するレベルの人向けですね。

えいなえいな さん

読了日:2020/04/12

父親のアイドル好きの影響で僕も普通にアイドルが好きです。と言っても握手会やコンサートに行くほどではないですが。また、メイキングがあまり好きではないので、本書のような裏側的な物はほとんど見ません。努力は当たり前で、努力や苦労や悪い部分なんかも結局は作品に現れるので、それが全てで良いと思っています。ただ、日向坂の場合はデビュー前から気になっていたのとメンバーの誰かというよりはグループ全てが好きといういわゆる箱推しなのでちょっと読んでみました。やっぱり裏側を詳しく知るのは性に合わないな、と思いました。

NAOAMI さん

読了日:2020/03/29

ナゼーこんな本を手に取った?乃木でも欅でもなくナゼー日向か。アンダーなのか何なのか運営も手探りで始まった「ひらがなけやき」曖昧な定義でも夢を追う女の子達がオーディションで集まる。同世代故に仲良くなれるし、反発もある。戸惑いや不安から精神的に追い詰められる。仕事だから当然?社会を知らない子達にそれは酷。普通の会社勤めじゃありえない「世間」の毒にも晒される。器用にできる子もできない子も1列目も最後列も様々なリアル感情がドキュメントで沁みるし1→12→11→20と偶然や運命で生まれた稀有も含め下手な小説より上。

こうめい さん

読了日:2020/04/13

人より外見が良かっただけの女の子たちが、武道館3daysをも成し遂げてしまうエンターテイナーへと姿を変えていく。アイドルはプロの職業で、かわいいだけではやっていけないのだ。 常に「欅坂46」と比較され、劣等感に悩まされてきた「けやき坂46」は、ハッピーオーラ、という自分たちらしさを努力によって作り上げた。 人に応援されるためには、自分らしさを内側から見つけるのではなく、作っていく必要がある、と学んだ。

ウダン さん

読了日:2020/04/28

様々なことで悩みながらも壁をのりこえて前に向かって頑張っている姿がわかる本。けやき坂・日向坂のファンだけでなく、あまり知らないなという人にも読んでほしいなと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Hot Products