宝塚イズム41 特集 さよなら望海風斗 & 真彩希帆

宝塚イズム41 特集 さよなら望海風斗 & 真彩希帆

HMV Japan ローチケHMV
HKD175.20

Product Description

ジャンル
アート・エンタメ
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787274328
ISBN 10 : 4787274325
フォーマット
出版社
青弓社
発行年月
2020年06月
発売国
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
望海風斗, 真彩希帆

雪組トップスター望海風斗と真彩希帆が10月11日付での退団を発表した。望海は圧倒的な歌唱力はもちろん、鍛えたダンスや色気がある芝居でファンを魅了して雪組を「歌の組」に育て上げた。真彩はその可憐な立ち姿とともに突き抜ける高音ボイスがすばらしく、望海とのデュエットでは劇場を二人のハーモニーが覆い尽くした。劇団史上でも屈指の実力派トップコンビの魅力に迫り、感謝と惜別を送る。

小特集では、宝塚を代表する演出家・小池修一郎を取り上げる。『エリザベート』『THE SCARLET PIMPERNEL』『1789』『ポーの一族』と、宝塚を代表する作品や再演を重ねる作品を数々演出する手腕と美麗な世界のきらめきを描き出す。

いまは公演の延期が相次いでいるが、この半年間の公演評はできるかぎり所収。新人公演評やOG公演評の連載も充実!

著者プロフィル
薮下 哲司(ヤブシタ テツジ)
映画・演劇評論家、元スポーツニッポン新聞社特別委員、元甲南女子大学非常勤講師。毎日文化センター宝塚講座担当。著書に『宝塚歌劇支局1』『宝塚歌劇支局2』『宝塚伝説2001』(いずれも青弓社)ほか。宝塚歌劇コラム「銀橋のきらめき」(「毎日新聞」全国版朝刊、第三土曜日)を連載中。ブログ「薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス」

鶴岡 英理子(ツルオカ エリコ)
演劇ライター。著書に『宝塚のシルエット』、編著書に『宝塚ゼミ』シリーズ(ともに青弓社)ほか。インタビュー記事なども多数。

薮下哲司

映画・演劇評論家、元スポーツニッポン新聞社特別委員、元甲南女子大学非常勤講師。毎日文化センター宝塚講座担当

プロフィール詳細へ

Hot Products